Home > アーカイブ > 2008年 10月

最新情報

2008年 10月のお知らせ(月間アーカイブ)

トピレックプラザの歴史 その2

2008.10.25 土

トピレックプラザの歴史 その2です。
その前に東西線のお話。。。

この線は昭和39年に高田馬場~九段下間で開業しました。
その後、西は中野まで伸び、東は竹橋まで、次に大手町まで
そして東陽町まで伸び、ついに昭和44年に東陽町~西船橋間が
新たに開通(全線開業)し、「南砂町」駅が誕生しました。
その後、昭和48年「トピレックプラザの歴史 その1」で
ご紹介した東京製造所を閉鎖することになります。
日本経済の成長が鈍くなるとほぼ同時にゴルフブームや
ジョギングブームが起こり、スポーツやレクリエーションに
人々の関心が高まっていった当時、閉鎖した工場の17,000坪の
敷地(比較として東京ドームは約14,000坪)を利用して
昭和50年に総合スポーツ施設「トピレックプラザ」がオープン
世の中の余暇、レジャーブームに乗り大いに賑わったそうです。
(写真は昭和50年)
rekisi2
<クリックすると少し大きくなります>
この写真の左側を上下に入っている道、これが葛西橋通りです。
写真上部、現在ドイト、ラウンドワンがあるあたりに
野球場のようなものが見えると思うのですが、
ナントこれゴルフ練習場なんです!
デカい!
そして下部に見えるテニスコート辺りには現在、
マンションが建っています。
コート右手、もしくは写真右下辺りに今の区立江東図書館が
見えますので、以前の敷地の大きさが分かると思います。
(その3へつづく・・・)


トピレックプラザの歴史 その1

2008.10.18 土

今日はトピレックプラザの歴史をご紹介します。
まず・・・

「トピレックプラザ」敷地の歴史は古く、
昭和7年に完成したトピー工業の前身・宮製鋼所の砂町工場に遡ります。
その後昭和18年に宮製鋼所は、東京シヤリングと合併して東都製鋼となり、
砂町工場も東京製綱所として発展を遂げていきました。
この頃は海抜0メートルという埋立地であるため、
当時は浸水被害も少なくなかったそうです。
rekisi1
当時の東京製鋼所(昭和29年頃)

みなさん分かりますでしょうか?
上部を斜めに走っている道が葛西橋通りです。
トピレックプラザの敷地は昔、でっかい工場だったのです。
余談ですが、大正の終わり頃から昭和23年まで
「砂町海水浴場」というのがあったそうです。
潮干狩りもできたりとにぎわっていたそうです。
(その2へつづく・・・)


ページトップヘ

会社情報サイトポリシー個人情報保護方針リンク集サイトマップ